2016/01/28

Music

Story

iTunesでオリジナル曲配信!イベントでグランプリを獲得した「有李沙(ありさ)」が見つけた生きる意味

本格的に音楽活動をするため仙台から上京したシンガー 「しまも」こと、 有李沙(ありさ)さん。参加したイベント「藤井丈司プロデュース!オリジナル曲提供、レコーディング&iTunes配信」で見事グランプリを獲得しました。このイベントへの参加がきっかけで運気が変わってきたという彼女に、今までやこれからをインタビュー!

image


「藤井丈司プロデュース!オリジナル曲提供、レコーディング&iTunes配信」とは…

グランプリに輝くと、サザンオールスターズや布袋寅泰など数々の大ヒット作のプロデュースで知られる藤井丈司がオリジナル楽曲をプロデュース!3曲の課題曲を歌い、配信してください!
グランプリ受賞者は、レコーディング、iTunes配信まで全面バックアップ。最終審査進出者には全員に審査員からの特別アドバイス動画をプレゼント。
歌手を目指すあなたのためのイベントです!夢の一歩を踏み出すチャンス!


イベント参加中に感じたプレッシャーやもどかしさ。グランプリ獲得で見えた目標

──まずはイベントでのグランプリ獲得おめでとうございます!今回、参加しようと思ったのはなぜですか?

こんな風に、オーディションの段階からファンに注目してもらえるイベントって珍しいし面白いな、と思ったんです。
参加してからは毎日2回決めた時間に配信していました。だんだん応援してくれる人が増えていきましたね。
予選2位通過だったので絶対負けたなぁと思ったし、実は結構大変なこともありました。私はイベントに参加していた他のアーティストさんに比べたら全然新米で、経験値も無い…それなのにグランプリを貰っても良いのかというのはすごく心にあったし、結構プレッシャーでした。自信がなかなか持てない時期が長く続きました。

──なんと謙虚な…。完成した新曲「白いキセキ」を聴いてみて、どう感じましたか?

まず、良い曲すぎて感動しました。グランプリを貰ったことで周りの環境が変化していくスピードの速さとそれに着いていけていない自分がすごくもどかしくて悔しい気持ちにもなりました。
なので、それを少しでも払拭しようと時間があれば家で一人練習していました。

──レコーディングはどうでしたか?

初めての経験だったので緊張したし、もうダメダメでした…。自分の技量が追いつかなくて。
でもすごく楽しかったです!私の声をすごく素敵に録ってくださって嬉しかったし、今回学んだことを活かして、次はもっと上手くなって聴いてくださる方に充実した生活を送って欲しいです!
「通学中に聴いてるよ〜」と言ってくださる方がいて。そういう方たちのためにも、一日の始まりに元気が出るような曲をたくさん歌っていきたいです。

image

経験を積んだ高校時代、東京で刺激を受けながら成長している現在

──ピアノ15年、ベース7年、歌にダンス…と、様々な経歴をお持ちですね!

高校1年生の時に地元でバンドを組んでベースをやっていました。ベースが無くてもバンドって成り立つと思っていたんですが、実はとっても重要だと気付いて。歌より演奏側に立つことを選びました。それから高校3年間ずっとベーシストとして活動を頑張ってきました。
卒業と同時に就職や進学でバンドを解散することになったんですが、私は人一倍音楽をやりたいという気持ちが強かったので、大学に進学して音楽活動を続けようと決めていました。

──高校生活はバンド活動一色だったんですね!

実は高校が厳しくてバンド活動をあんまり推奨してもらえなくて。軽音部の中でもあまり良く思われてなかったんです。
それでもこっそりライブなどの活動をやっていたのですが、先生にバレて課外活動をやったりしていました(笑)。
それでも、音楽をやりたい気持ちのほうが強かったですね。
大学に入れば時間を作って自由に活動ができる、早く大学に行きたいと思っていました。

地元の大学に進学して活動を始めました。ただただ音楽が好きだったので、このバンドではキーボード、このバンドではベース、たまにユニットを組んでダンスもやったりと本当に色々やっていました。

──高校、大学と歌をやられていない印象ですが、きっかけはあったんですか?

実は、高校生活最後のライブでメンバー全員が出られない日があったんです。それでもライブはやりたかったので「じゃぁ私が歌っちゃおう」と。

そこで歌ってみて観客の反応が良かったのか…あまり記憶に無いんですが、とにかくそのライブが私が歌うことになったきっかけです。
大学3年生の時に、歌の道に進みたいなとハッキリ思うようになって、沢山オーディションを受けました。落ちまくったんですが(笑)。

──もしかしたら仙台でも活動できたかもしれないですが、東京に出てきた理由は?

東京のほうが活動できるリアルな場所があるのはもちろん、やはりここにいる人たちのモチベーションが違うなと思います。仙台にも良い楽曲を作ったり良い歌を歌う友達は沢山いるのに、プロモーションをしていなかったり本当にもったいないなぁと。私はその環境から抜け出したかった。だから上京を決めました。
今は大変なこともありますが、東京で戦う自分、頑張る自分、刺激を受ける自分がいて成長していくと思っています。

image

SHOWROOM配信をスタートして徐々に感じ始めた、自分の生きる価値と責任感

──SHOWROOMを始めてからは、着々とここまで登ってきた、という感じですか?

いえ!…実は最初の頃、配信予告をしてもさぼったりしていたんです。でも、イベントに参加したことがきっかけで改心出来た。なので、私の原点はSHOWROOMですね。ここからファンも増えたし、音楽活動の具体的な指標が出来たのもSHOWROOMがきっかけです。

──”生まれ変わった瞬間”という感じですね。経験の階段を一段上がってみて、今感じていることはありますか?

最近は「ちゃんとしなきゃ!」とより強く思うようになりました。
上手く言えませんが、自分の活動が応援してくれるみんなの夢を背負っているというか、ライブにもお金を払ってきてくださったり、SHOWROOMでもアイテムをくれたり、そういう気持ちを無駄にできないという重みを感じています。
応援してくれる人が出来て自分の生きている理由が見えた…というか、自分が生きていて一番みんなを幸せに出来るのは音楽なんじゃないかなと思い始めました。

配信していると、みんなから「しまもの歌声聞いていると幸せな気持ちになるよ」とか「今日具合が悪かったけど楽になったよ」と言ってもらう経験をして、こうやって聴いてくれる人たちのために歌いたいと思いましたし、それが原動力になって、毎日配信するようになりました。
そして更にファンが増えて…イベントでグランプリを取ってからは、SHOWROOMで私のことを知ったお客様も沢山ライブに来てくれます。もっと頑張ろうと思えたし、まさにこれが夢の実現だなぁと思います。

──ファンの方たちとの絆がどんどん深まりますね。

はい、実際に会ったことが無いのに、もうずっと知り合いみたいな錯覚に陥りますね(笑)。
先日のイベントの時は、応援が嬉しくて配信していて初めて泣きました。画面越しに泣くなんて本当に初めて。
一体感が生まれますよね。みんなとは、これからもっと絆を深めていけたら良いなぁと思っています。
SHOWROOMで応援してくださる方たちは本当に根強いというか、ライブにも足を運んでくださるので本当に感謝しています。

image

今年はワンマン、5年以内に紅白歌合戦出場を目指す!!!

──これからやりたいこと、既に始めていることはありますか?

毎日配信をやっている方を尊敬していて、私もやろうと頑張っています。あとは15年間続けてきたピアノを再勉強していて。弾き語りとか、曲を制作するときはピアノでやっています。コードを覚えたので、リクエストを貰ってすぐ弾き語りが出来るようになってきました。

そして、今年はワンマンライブをやることを目標にしています!
そこで私のグッズを渡したいです。グッズが欲しいと言ってくださるファンの方が多くいて。
面白いのが、グッズを作ってライブに来てくれる方がいるんです!カレンダーとかうちわとかマグカップとか。
そんなにしてくれる方珍しいですよね?本当に嬉しかったです。

──ワンマンライブがさらに楽しみになりますね!では5年後、10年後は何をしていたいですか?

なるべく早く紅白歌合戦に出場したいです!5年以内に、ですかね…。
10年後の自分は…もはや落ち着いていそうですね(笑)。でも、大好きから始まって本業にしたいとまで思える音楽に出会えたので、ずっと何かしら関わっていたいと思います。

──では、応援してくれるファンの皆さんに一言お願いします!

ファンの皆さんが私にとってどんな存在かというと、『私が生きていると実感させてくれた存在』です。
私の歌を必要としてくれるみなさんによって私が存在するというか、生きる理由になっています。
ありがとうございます!これからもよろしくお願いします。

image


☆有李沙-ありさ-「白いキセキ」 配信スタート!
『白いキセキ』 - iTunes
『白いキセキ』 - レコチョク
しまもCHANNEL(白いキセキ) - youtube
*しまも family* - SHOWROOM
しまも(@shimamonx) - Twitter
MESELLBA PROJECT - MESELLBA


Room
CD予約受付中*しまもfamily*